薬剤師の求人の傾向について知っておこう

薬剤師1

薬剤師として働きたい、転職したい、再就職を考えたいなどと考えているときに重要なのが求人の傾向について理解しておくことです。参照元→薬剤師求人

薬剤師の求人にはどんな傾向が生まれてきているのでしょうか。新しい仕事を探すべきかどうかを判断できるようになるために、様々な角度から求人の傾向について紹介するので参考にしてください。

明石市で転職したい薬剤師の求人の探し方と選び方

需要の全般的な傾向

薬剤師の求人の傾向について知る上でまず気になるのはどのくらい募集が行われているかでしょう。医薬品の取り扱いにおけるプロフェッショナルとして活躍している薬剤師は医療業界を中心とした職場の候補がたくさんあります。

特に活躍の場となる医療業界における需要は高い状況が維持されているのが実態です。医療制度の改革によって院外処方が活発に行われるようになってからは調剤薬局やドラッグストアなどでの人材確保が急務になっていて、求人は常に豊富に出されている状況が続いています。

また、病院においても医薬分業、チーム医療が唱えられるようになり、優秀な薬剤師を獲得しようと活発な求人募集が行われているのが現状です。一般的な職種や業種では中途採用への応募では即戦力になる経験者ばかりが募集されているケースも多いのは確かです。

しかし、医療業界における薬剤師の募集は少し傾向が異なります。経験豊富なベテランの求人があるのは事実ではあるものの、必ずしも経験を重視していない状況があるのです。未経験でも資格を持っているなら採用を検討したい、ブランクがある人でも前向きに採用を考えてみたいという募集が豊富にあります。

今まで薬剤師として働いたことがない人も、休職していた人も仕事を見つけられる可能性が十分にあるほど需要が高い状況があるのです。

職場の傾向の様子

薬剤師8

薬剤師が働ける職場として代表的なのは調剤薬局、ドラッグストア、病院の三種類ですが、求人募集のある職場についても動向を理解しておきたいでしょう。最も求人数が多いのは調剤薬局で、どの地域でも突出した求人数があります。

それに続くのがドラッグストアで、調剤業務のあるところも、OTC専門のところも募集がある地域がほとんどです。病院からの募集について地域によって差があるものの、大抵の地域では数カ所からの求人募集を見つけられる状況があります。

これに加えて管理薬剤師の募集が一般企業からもよく行われています。医薬品や医療機器のメーカーだけでなく卸売業者なども管理薬剤師を重宝していて、地域によってはかなりの数の求人があるのが現状です。

また、医薬品や医療機器のメーカーでは管理薬剤師だけでなくコールセンタースタッフやMRなどの募集も行われています。この他にもメディカルライターなどの求人もあるので興味があるものを探してみると良いでしょう。

ただし、企業からの募集は地域による違いが大きいので自宅からの距離などにこだわる場合には注意が必要です。

待遇における傾向

医療業界における薬剤師への待遇についても特徴的な傾向が生まれてきているので知っておくのが大切です。給料についてはドラッグストア、調剤薬局、病院という順で高い傾向があります。ドラッグストアでは店長候補として採用されることも多くて責任のある立場になりやすいのに加え、調剤や医薬品の在庫管理、品出しやレジ打ちなどまで対応することになる場合が多くなっています。

勤務時間も長くなりやすい影響で給与が高めになっているのが一般的です。調剤薬局では調剤と服薬指導の担い手として薬剤師が不可欠で、人材不足が顕著なことから給与が病院に比べて高めになっています。病院では薬剤師のスキルアップやキャリアアップの支援をする傾向が生まれています。

認定薬剤師として活躍できるように支援制度を整えたり、医薬品情報についてのプロになれるように研修機会を設けたりするなど、成長していきたい薬剤師にとって魅力的な環境が整っている病院が多いのが現状です。また、どの現場でも働きやすさを重視して勤務時間などの交渉をして働けるケースが多くなっています。

一人でも多くの薬剤師に現場に出てきてもらいたいという考え方が反映されているのです。

雇用形態についての傾向

薬剤師には働き方の選択肢も与えられるようになってきていて、正社員以外の募集も活発に行われる傾向があります。パートや派遣、契約社員という働き方も考慮してみると良いでしょう。調剤薬局ではパートや派遣の薬剤師を積極的に採用しているところが多くなっています。

シフト制なのでプライベートとのバランスを取りやすいのが魅力です。派遣の場合にはパートよりも時給が高めの場合がほとんどで、経験を積むと時給も上がりやすいことから長期的にシフト制で働きたい人には働き方の有力候補でしょう。

病院では正社員の採用がほとんどですが、契約社員を採用しているところもしばしば見受けられます。契約期間がはっきりとしているので、その期間だけなら働けるという場合には魅力的な候補です。正社員で働くよりも稼げることすらあるので特に経験が豊富な薬剤師の場合には大きく稼げる可能性がある働き方になります。

採用や募集の方法に関する傾向

薬剤師の求人募集がどのようにして行われているかについても把握しておくと役に立ちます。求人サイトや求人誌、ハローワークなどを通じて求人広告を出しているところが大半を占めているのは確かです。ただ、それだけでは必要な人材を確保できずに悩んでいる現場も多くなりました。

そのため、人材紹介会社を利用するケースも増えてきています。一般公開されている求人情報を参照するだけでなく、人材紹介サービスに登録して求人の紹介を受けるのも仕事探しをするときには重要になっているのです。薬剤師を専門としている人材紹介会社も多くなってきていて、薬剤師としての資格や経験を活かせる職場を見つけやすくなりました。

人材紹介会社の利用傾向が高まっていることを考慮し、薬剤師として働きたいと考えたときには活用を検討してみましょう。

需要が高まる薬剤師

薬剤師の求人は需要の高騰に伴って数も多くなり、待遇も良いものが増えてきています。雇用形態の選択肢も広くなり、人材紹介会社を活用した仕事探しもしやすい状況が生まれているのが現状です。選べる職場も幅広くなってきていることから、積極的に求人を探してみると自分なりにモチベーションを上げて働けるところを見つけられるでしょう。